1. 東京福祉大学TOP
  2. 入試情報
  3. 東京福祉大学Special奨学生入試

入試情報





東京福祉大学では、2017年4月入学生を対象に、「Special奨学生入試」を実施いたします。
この制度は、経済的な援助のみならず、本学で教育・心理・福祉・保育を学び、将来社会で活躍できる
優秀な人材の養成をめざし、その学生に入学していただくことを目的としています。
AO入試・推薦入試それぞれにSpecial奨学生枠を設置し、上位合格者の授業料・施設設備費を4年間免除します。また、12/17には一般教科型として試験を実施し、上位合格者の授業料・施設設備費を4年間免除します。
本学希望者の方を対象とした経済的支援になりますので、ぜひ受験してください。

「Special奨学生」概要 (採用予定数 50名)


1.4年間の授業料・施設設備費を全額免除!

 112万5000円×4年間(計450万円)が免除になります!

2.奨学生はハーバード大学でのアメリカ夏期短期研修ほか、全ての海外短期研修に半額で参加可能!

 アメリカ夏期短期研修、韓国秋期短期留学、ベトナム冬期短期留学に通常の費用の半額(974,000円→487,000円)で参加できます。

3.何度でも奨学生に挑戦できます!

 ひとつの枠で奨学生として採用されなかった場合でも、選考料免除でその後の奨学生入試再度挑戦することが可能です。

4.3種類の合格<奨学生合格><通常合格><一般入試免除合格>

 奨学生合格とならなかった場合でも、通常の合格基準を満たす学力を有すると認められた受験生は、通常合格として入学が許可されます
 AO入試枠→AO入試合格
 推薦入試枠→推薦入試合格
 一般教科型→一般入試免除合格


入試日程


 第1回 AO入試枠 

AO入試1期受験者のうち、成績優秀な学生を奨学生として採用します。

試験日 : 9月17日(土)<AO入試1期>
試験科目: 小論文、面接(集団面接方式/課題レポートの発表を含む)、書類選考・課題レポート

・通常のAO入試と同様に出願してください。
・奨学生合格とならなかった場合でも、通常合格となった場合は本学に入学することができます(その場合学費の免除はありません)。

>>AO入試内容について

 第2回 推薦入試枠 

推薦入試1期(公募制学校推薦1期)受験者の中から、成績優秀な学生を奨学生として採用します。

試験日 : 11月5日(土)<公募制学校推薦1期>
試験科目: 小論文、面接(集団面接方式)、書類選考

・通常の推薦入試1期(公募制学校推薦)と同様に出願してください。
・奨学生合格とならなかった場合でも、通常合格となった場合は本学に入学することができます(その場合学費の免除はありません)。

>>推薦入試内容について

 第3回 一般教科型 

3教科型の入試で、成績優秀な学生を奨学生として採用します。

試験日 : 12月17日(土)
試験科目: 国語総合(古文・漢文を除く)。コミュニケーション英語T・U、数学T・A

・奨学生合格とならなかった場合でも、一般入試の合格基準を満たす学力を有すると認められた受験生は、一般入試免許合格として入学許可になります(その場合は学費の免除はありません)。

>>一般入試内容について



▲ページTOPへ