学校法人茶屋四郎次郎記念学園 コンプライアンス宣言

平成25年9月19日
学校法人茶屋四郎次郎記念学園

コンプライアンス宣言
学校法人茶屋四郎次郎記念学園
東京福祉大学・短期大学部


本学は、福祉・保育・心理・教育の専門職を育成する教育機関としての社会的責任を全うするため、法令と健全な社会規範等に基づいた運営を行い、また全ての学生と教職員を個人として尊重することで、社会の信頼を獲得し、もって本学の目的・理念を実現することを目指します。
本学における「コンプライアンス」とは、「役員及び教職員が、法律、法令、学内における諸規則及びルール等に基づいて職務を遂行することを基本とし、日常の職務の中で自らが公正・公平で正しい選択と透明な処理を行い、かつ、高い倫理観に基づき、社会において誠実で良識ある行動をとること。」とします。
本学は、コンプライアンスの重要性を強く認識し、その推進を図るため、ここに「学校法人茶屋四郎次郎記念学園コンプライアンス宣言」を表明いたします。

1 法令等と健全な社会規範に基づいた運営
(1)本学は、自己の果たすべき社会的責任を全うするため、法令や学内規則等を厳格に 遵守し、社会的規範に逸脱することのない健全かつ適正な学校運営に努めます。
また、教職員が行ったコンプライアンスに反する行為を看過及び隠蔽せず、適正に対処します。
(2)本学は、現在在籍する学生はもとより、卒業生、受験生、保護者、取引先、地域住民等関係者からの相談・申し出等に対して、適正かつ迅速に対応するよう努めます。

2 信頼の獲得
(1)本学は、個人情報保護法その他の法令、本学が制定した個人情報保護基本方針等に基づき、個人情報を適正に取得し、不正や漏洩が生じないように適切な管理と保護に努めます。
また、本学が所有する設備、備品、資金等の資産については、正当な用途のみに使用し、滅失または毀損を防止すべく細心の注意をもって厳正に管理します。
(2)本学は、様々な立場の方からの意見を受け入れて広く社会のニーズを追及し、もって当該ニーズに応える一方で、積極的な情報公開と広報活動を通じて説明責任を果たして透明性を確保することで、信頼の獲得に努めます。
また、社会の一員として、社会の発展に寄与すべく、本学における教育・研究の成果を社会に還元することを惜しみません。

3 個人の尊重及び環境の保護
(1)本学は、全ての学生と教職員を個人として尊重し、性別、年齢、国籍、人種、地位、思想、宗教等による差別や、セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント等、いかなるハラスメントも一切容認しない方針を徹底させます。あらゆる局面で、本学にかかわる一人ひとりの人格と基本的人権を尊重する校風を醸成します。
また、特に教職員による学生への差別・ハラスメントが発覚した場合には厳正に対処し、教職員が一丸となって再発防止に努めます。本学は、ハラスメントの発生を予防するために、「セクシュアル・ハラスメント等の防止及び排除のための措置に関する規程」等の関係規程の周知・徹底を全教職員に対して行います。
(2)本学は、安全かつ健全な学習環境・施設を提供し、またそれを積極的に整備・改善して、学生等の成長支援と健康維持に努めます。
(3)本学は、教育の質的向上に努めるとともに、それに基づく社会への貢献を円滑に行うために、労働や安全衛生に関する法令や学内諸規則等を遵守し、安全かつ健全な教育研究環境の整備に努めます。
(4)本学は、地球環境の保護を、本学が社会的責任を果たしていく上での重要な課題の一つとして認識し、環境保全や資源保護に積極的に取り組み、環境と社会との調和及び資源の有効活用に努めます。

4 コンプライアンス推進体制について
本学におけるコンプライアンスを推進するため、この宣言を確実に実行することにより、本学全体として機能する推進体制の確立を目指します。

5 コンプライアンス宣言に関するお問い合わせ窓口 
連絡先 法務室
電話  03-3987-1448
以上