ニュース・トピックス

2017.12.26

本学の学生が電子マネー詐欺被害を阻止! 学長賞が贈られました



 12月22日、ここ数年急増している電子マネーをだまし取る詐欺の被害を防いだとして、本学学生に藤田学長から学長賞が贈られました。

 今年8月、アルバイト先のコンビニエンスストアで、高齢の男性客が5万円分のプリペイドカードを購入しようとした際、電子マネーについてよく知らないことや、使い道の説明を聞いて不審に思い、男性客に詐欺被害の注意を呼び掛けるチラシを手渡しました。
 その後、詐欺に気付いた男性が再び来店し相談されたため、コンビニエンスストアの店長が警察に通報。詐欺被害を未然に防ぎました。


 9月には、電子マネーを利用した詐欺被害を未然に防いだとして、高崎警察署から感謝状が贈られました(上毛新聞にも掲載されました)。


「(入学時に学長が挨拶の中で話された)詐欺を未然に防いだ東京福祉大学の学生(2014年のニュース)のことを覚えていました。コンビニエンスストアでアルバイトをしている私も、いつか詐欺被害防止に役立つことができたらいいなと思っていたので、ビックリしています。被害を未然に防ぐことができて本当に良かったです。」と笑顔で語ってくれました。