東京福祉大学 CLOSE
 

心理学部教員一覧

職名 氏名 主な担当科目 学位等/授与大学 主な経歴 主な業績
心理学研究科長
教授
鶴 光代 臨床心理面接特論 博士(臨床心理学)/東京福祉大学
教育学修士/九州大学
教育学学士/福岡学芸大学
九州大学大学院教育学研究科博士課程教育心理学専攻退学
元跡見学園女子大学心理教育相談所所長
元跡見学園女子大学文学部臨床心理学科教授
秋田大学名誉教授
臨床心理士
●「親子面接と臨床動作法アプローチ」臨床心理学 第10巻 第6号 金剛出版 2010.11 
●「発達障害児への心理的援助」金剛出版 2008.9
心理学部長
教授 
手島 茂樹 人格心理学 博士(臨床心理学)/東京福祉大学
文学修士/日本大学
文学士/日本大学
東京福祉大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻博士課程修了 臨床心理士 ●『カウンセリング実践ハンドブック』、編集代表 松原達哉、編集幹事並びに分担執筆、丸善株式会社、2011年1月
●LAC法の効果に関する一考察 NEQの効果を中心として、日本心理学会大会、2011年8月、ポスター発表
教授 石川 清子 教育心理学 教育心理学博士/ミシガン大学
教育心理学修士/ミシガン大学
特殊教育学修士/イースタンミシガン大学
ミシガン大学教育学大学院教育心理学科博士課程修了 元ミシガン大学教育学部助教 ●『親の教育観に関する調査研究』:日本国籍と外国籍の比較、文部科学省生涯教育課平成21年度事業報告書、2010,p.60-69.
●文部科学省生涯教育課:『平成20年度人権教育推進のための調査研究事業報告書』2009、全116頁、委託番号:20文科生第8084.
教授 太田 信夫 認知心理学特殊研究 教育学博士/名古屋大学
教育学修士/名古屋大学
教育学学士/愛知学芸大学
名古屋大学大学院教育学研究科博士課程教育心理学専攻修了
国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学科教授
筑波大学心理学研究科長・人間学類長・第二学群長(指定職)・名誉教授
前学習院大学大学院人文科学研究科教授
日本認知心理学会初代理事長
日本心理学諸学会連合検定局長
学校心理士
●『現代の認知心理学』(全7巻/編集委員長,、第2巻:編著「記憶と日常」)2011年、北大路書房
●『Memory and Aging: Current Issues and Future Directions』(編著)2012年、Psychology Press
●『Dementia and Memory』(編著) 2014年、Psychology Press
教授 近藤 清美 発達心理学特論 学術博士/大阪大学
人間科学修士/大阪大学
社会学士/大阪大学
大阪大学大学院人間科学研究科修士課程修了 元皇学館大学社会福祉学部助教授 前北海道医療大学心理科学部教授 臨床心理士 臨床発達心理士 保育士 ●K. Behrens, & K. kondo-Ikemura, 2011 Japanese children's Amae and mothers' attachment status as assessed by the Adult Attachment Interview. International Journal of Psychology, 46(5), 368-376.
●G. Posada, K. Kondo-Ikemura et al., 2013 Is the Secure Base Phenomenon Evident Here, There, and Anywhere?:A Cross-Cultural Study of Child Behavior and Experts’ Definitions.Child Development, 84, 1896-1905.
教授 鈴木 康明 臨床心理学 教育学修士/筑波大学
教育学士/早稲田大学
文学士/早稲田大学
筑波大学大学院教育学研究科カウンセリングコース修了 元東京外国語大学留学生日本語教育センター助教授 前国士舘大学文学部・人文科学研究科教授 認定カウンセラー ●「グリーフ・カウンセリング」、分担、山崎久美子編著『臨床心理クライエント研究セミナー』、至文堂、2007
●「共感的態度の形成を目指して」、分担、清水新二編著『封印された死と自死遺族の社会的支援』(現代のエスプリNo.501)、至文堂、2009 
教授 高木 俊彦 犯罪心理学 社会学士/関西学院大学 元法務省法務総合研究所教官 元法務省保護局観察課長 元大阪保護観察所長 元近畿地方更生保護委員会委員長 ●『更生保護入門』(第6章 保護観察概説63頁-76頁、第7章 保護観察各論77頁-94頁、第8章 保護観察対象者の特性95 頁-110頁、第13章 犯罪予防と民間協力組織173頁-182頁)、 松本勝・高木俊彦など8名、成文堂、平成25年3月10日(改訂版刊行)
●『司法福祉入門』(第7章 更生保護とは207頁-233頁)、伊藤冨士江など 13名、上智大学出版、平成25年3月27日(改訂版刊行)
教授 田上 不二夫 臨床心理学 教育学博士/筑波大学
文学修士/東京教育大学
教育学士/東京教育大学
東京教育大学大学院教育学研究科博士課程中途退学 
元信州大学教育学部助教授 
元筑波大学人間総合科学研究科教授(筑波大学名誉教授) 
認定カウンセラー
●2010、田上不二夫(編)、実践グループカウンセリング−子どもが育ちあう学級集団づくり、金子書房.
●2013、中村恵子・小玉正博・田上不二夫、教育委員会に所属する学校カウンセラーの介入が不登校生徒への校内支援体制に及ぼす影響、カウンセリング研究、第46巻 
教授 中里 克治 発達心理学 文学修士/上智大学
文学士/上智大学
上智大学大学院文学研究科教育学専攻博士課程満期退学 前岩手県こころのケア研究会代表 前日本心理学機関紙編集委員 元東京都老人総合研究所心理学部門主任研究員 前岩手県立大学大学院社会福祉学研究科教授 臨床心理士 ●Chan, W., McCrae, R., De Fruyt, F., Jussim, L., Löckenhoff, C.E, De Bolle, M., Costa Jr., P.T., Sutin, A.R., Realo, A., Allik, J., Nakazato, K., et al. Stereotypes of Age Differences in Personality Traits: Universal and Accurate? Journal of Personality and Social Psychology, 103, 1050-1066, 2012.
●魏孝棟・中里克治 大学生を対象としたに中国別の親準備性尺度の作成.東京福祉大学・大学院紀要,3, 11-18, 2013年3月.
●中里克治 高齢期のパーソナリティの諸問題.二宮克巳・浮谷秀一・堀毛一也・安藤寿康・藤田主一・小塩真司・渡邊芳之(編)パーソナリティ心理学ハンドブック.福村出版. 2013年3月
●中里克治 老年期.無藤隆・子安増生(編) 発達心理学U.東京大学出版会.2013年9月
●McCrae, R.R.; Chan, W.; Jussim, L.; De Fruyt, F.; Löckenhoff, C.E.; De Bolle, M.; Costa Jr., P.T.; H?ebí?ková, M.; Graf, S.; Realo, A.; Allik, J.; Nakazato, K et al. The inaccuracy of national character stereotypes. Journal of Research in Personality, 47, 831-842. 2013
教授 長坂 正文 臨床心理学 教育学修士/愛知教育大学 
文学学士/南山大学
愛知教育大学大学院教育学研究科修士課程学校教育臨床専攻修了 元椙山女学園大学講師  臨床心理士 ●『いじめ臨床』共著、ナカニシヤ出版、2008年11月 
●『不登校 ネットワークを生かした多面的援助の実際』共著、金剛出版、2010年9月
准教授 大澤 靖彦 カウンセリング演習 教育学修士/信州大学
社会学士/東洋大学
信州大学大学院教育学研究科修了 元富山県総合教育センター客員研究主事 元富山県スクールカウンセラー 臨床心理士 ●「大学院付属心理相談室と地域スクールカウンセラーの相互援助・協力体制の研究」、共著(大澤靖彦、石川清子・原千恵子・手島茂樹・渡邊映子・松坂秀雄・柳澤利之・山極和佳・新井雅人・高井順子・村上典子・作本真知子・杉田英津子・菅井飛鳥)、2008、日米高齢者保健福祉学会誌第3号
●「青年期における抑うつ予測要因としての自己開示抵抗感」、共著(外川あゆみ、田中芳幸、大澤靖彦、石川清子)、2010、ストレスマネジメント研究Vol.6, No.1
准教授 成本 忠正 教育心理学 博士(心理学)/中京大学
修士(心理学)/中京大学
学士(心理学)/サイモンフレーザー大学
中京大学心理学研究科博士課程満期退学 元中京大学心理学部助手 ●The role of the central executive in the storage of visually-constructed images. 認知心理学研究 第8巻,第2号 pp. 99-108. (2011)
●Spatial short-term memory in children with NLD. Journal of Genetic Psychology (2013)
講師 新井 洋輔 組織心理学 博士(心理学)/筑波大学
修士(心理学)/筑波大学
学士(心理学)/筑波大学
筑波大学大学院博士課程心理学研究科心理学専攻修了 筑波大学大学院人間総合科学研究科準研究員 ●「NPO団体におけるスキル継承過程の検討」文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B)) 研究期間: 2007年 - 2009年
●サークル集団における対先輩行動:集団フォーマル性の概念を中心に(単著)社会心理学研究,20,35-47  (2004)
●同年輩の他者に対する上下関係意識の比較基準と行動・感情(共著)新井洋輔・松井豊 対人社会心理学研究,3,23-28  (2003)
講師 大島 朗生 心理検査法 博士(臨床心理学)/東京福祉大学
修士(文学)/立正大学
学士(哲学)/立正大学
東京福祉大学大学院心理学研究科博士課程後期修了 元NPO東京教育カウンセリング研究所カウンセリング部長 臨床心理士 ●「心理検査の基本」 In松原達哉・福島脩美編集 『カウンセリング心理学ハンドブック〈下巻〉』 金子書房2011
●「質問紙法」・「質問紙法の効用と限界」・「作業検査法」 In松原達哉編著『臨床心理アセスメント』丸善出版2012
講師 岡本 香 社会心理学 博士(心理学)/広島大学
修士(社会学)/静岡大学
学士(社会学)/静岡大学
広島大学大学院教育学研究科学習開発専攻博士課程後期修了 東海学院大学健康福祉学部総合福祉学科助教 静岡大学情報学部非常勤講師 ●親密度の違いおよびコミュニケーション形態の違いがメディア・コミュニケーション観に及ぼす影響、実験社会心理学研究、45, 85-97.(2006)
●対人関係技能促進訓練に関する実践報告−対人援助専門職を目指す学生を対象として−、東海学院大学紀要、4, 39-44.(2010)
講師 加藤 宏一 心理統計法 博士(心理学)/セントラルミシガン大学
修士(心理学)/セントラルミシガン大学
学士(心理学)/南イリノイ大学
セントラルミシガン大学大学院応用実験心理学科認知心理学専攻博士課程修了 セントラルミシガン大学心理学部兼任教員  
講師 木村 純 社会心理学 社会学修士/東京大学
文学士/東京大学
東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会心理学博士課程単位修得退学 川村学園女子大学文学部心理学科助手 ●「政治意識におけるフレーミング概念の検討」国際情報学会誌第6号、20
●「政治についてのパターン認知の心理学的考察」日米高齢者保健福祉学会誌第4号、2009年8月09年12月
講師 齊藤 千鶴 家族心理学 博士(心理学)/白百合女子大学
修士(発達心理学)/白百合女子大学
学士(文学)/白百合女子大学
白百合女子大学大学院文学研究科発達心理学専攻博士課程単位修得満期退学 元白百合女子大学文学部助手 臨床心理士 ●幼児・児童絵画統覚検査(CAT)を用いた幼児の家族・親イメージの実証的検討(1)(2007):齊藤千 鶴・佐伯素子・向井隆代、白百合女子大学発達臨床センター紀要、第10号、pp.28-38.
●児童養護 施設及び入所児童をめぐる心理学的研究展望(2008):齊藤千 鶴・向井隆代・佐伯素子・目良秋子,白百合女子大学発達臨床センター紀要,第11号,pp.29-40.
講師 齋藤 瞳 心理検査法 博士(心理学)/同志社大学
修士(臨床心理学)/神戸女学院大学
文学士/同志社大学
同志社大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程後期課程修了 元同志社大学こころの生涯発達研究センター特別研究員 臨床心理士 医療心理士 ●"Psychological factors that promote behavior modification by obese patients"Hitomi SAITO, Yutaka KIMURA, Sawako TASHIMA, Nana TAKAO, Akinori NAKAGAWA, Takanobu BABA, Suguru SATO, BioPsychoSocial Medicine 2009,3:9.
●『自我状態のシフトと基本的構えの関連についての検討−認知システムと反応システムの観点から』齋藤瞳、佐藤豪、交流分析研究、32(2)(通巻70号)、2007、134−141. 第14回桂学術奨励賞受賞
講師 末永 叔子 学習心理学 博士(行動科学)/筑波大学
修士(心理学)/筑波大学
教育学士/福岡県立大学
筑波大学大学院人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻単位取得退学 筑波大学大学院人間総合科学研究科準研究員 浜松医科大学医学部総合人間科学講座心理学特任研究員 ●Suenaga, Yukie, Gao & Nakahara 2012 Sex-specific effects of prenatal stress on neuronal development in medial prefrontal cortex and hippocampus. Neuroreport, 23, 430-435.
●Gao, Suenaga, Oki, Yukie & Nakahara 2011 Cocaine enhances resistance to extinction of responding for brain-stimulation reward in adult prenatally stressed rats. Behavioural Brain Research, 223, 411-416.
講師 丹野 宏昭 社会心理学 博士(心理学)/筑波大学
修士(心理学)/筑波大学
学士(文学)/専修大学
筑波大学大学院人間総合科学研究科心理学専攻博士一貫課程修了
専修大学人間科学部心理学科非常勤講師
明治学院大学心理学部心理学科非常勤講師
福山大学人間文化学部心理学科非常勤講師
●2007年新潟県中越沖地震の被災介護施設職員のストレス反応 (2011). 丹野宏昭・山ア達枝・松井豊 集団災害医学会誌,16.
●大学生の内的適応に果たす友人関係機能 (2009). 丹野宏昭 青年心理学研究, 20.
講師 富田 美穂 カウンセリング演習 人間関係学研究科修士/椙山女学園大学
法学士/上智大学
教育学士/名古屋大学
椙山女学園大学大学院人間関係学研究科修了 愛知県・名古屋市スクールカウンセラー 臨床心理士 ●「糖尿病の血糖コントロールが不十分な患者の心理に関する研究−バウムテストの検討」2011年11月、『臨床心理学』第11巻第6号
●『教育心理学』11章「ライフスキルを高める教育」2010年6月、ナカニシヤ出版
講師 松坂 秀雄 障害児・者の心理 修士(臨床心理学)/東京福祉大学
心理学士/早稲田大学
元神奈川県相模原児童相談所心理判定員 元神奈川県福祉部障害福祉課主事 元東京工科大学学生相談室カウンセラー 現在横浜市教育委員会カウンセラーアドバイザー 臨床心理士 ●事例研究「重度の爪かみ女児に対する遊戯療法の過程とそれに対する治療論的一考察――失敗と成功から学ぶもの――」、日米高齢者保健福祉学会誌、2008年3月発行
●横浜市教育委員会「不登校を一緒に考える『保護者向けパンフレット』〜小さな変化が大きな一歩に〜」、監修、2010年1月発行
助教 青山 郁子 教育心理学 教育心理学博士/ベイラー大学
心理学学士/セイントローズ大学
ベイラー大学大学院博士課程教育心理学部修了
NPO法人企業教育研究会研究員
千葉大学大学院工学研究科デザイン心理学研究室特任研究員
元ベイラー大学外国語学部日本語講師
● Aoyama, I., Saxon, T., Fearon, D. (2011). Internalizing problems among cyberbullying victims and moderator effects of friendship quality.  Multicultural Education & Technology Journal, 5, 92-105.          ●Aoyama, I., Bernard-Brak, L., & Talbert, T. (2011). Cyberbullying among high school students: Cluster analysis, sex and age differences and the level of parental monitoring. International Journal of Cyber Psychology, Behavior and Learning, 1, 25-35.
助教 新井 雅人 臨床心理基礎実習 修士(人間科学)/早稲田大学
学士(人間科学)/早稲田大学
早稲田大学大学院人間科学研究科健康科学専攻博士後期課程単位修得満期退学 臨床心理士  
助教 石 暁玲 教育心理学 博士(教育心理学)/関西学院大学
修士(教育心理学)/関西学院大学
学士(化学教育)/安徽師範大学
関西学院大学大学院文学研究科教育学専攻博士課程単位修得満期退学 
元関西学院大学文学部助手
臨床発達心理士 
学校心理士
●保育園児を持つ母親のディストレス:相互協調性・相互独立性およびソーシャル・サポートとの関連(2010): 発達心理学研究,Vol.21(2),138-146
● .幼児の情緒的・行動的問題に関わる諸要因:母親の育児不安と早期保育および子どもの生活状態からの検討(2008):家族心理学研 究,Vol.22, 129-140.

 
Copyright © Tokyo University and Graduate School of Social Welfare.