東京福祉大学のアクティブ・ラーニング 東京福祉大学のアクティブ・ラーニング

東京福祉大学の特長

東京福祉大学のアクティブ・ラーニング

東京福祉大学のアクティブ・ラーニング

“アクティブ・ラーニング”のパイオニア

今盛んに取り上げられ、教育現場で必要とされている“アクティブ・ラーニング”。東京福祉大学では、2000年の開学当初から一貫して、独自の“アクティブ・ラーニング”を実践してきました。本学の教育方法により能力を高めた卒業生たちは、それぞれの夢を実現し、即戦力の人材として社会で活躍しています。

“アクティブラーニング”とは

“アクティブラーニング”とは

文部科学省の中央教育審議会(中教審)が平成24年に出した答申「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて」では、アクティブ・ラーニングを「教員による一方的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた授業・学習法」としています。その例として発見学習や体験学習のほか、グループディスカッションやディベート、グループワークなどが挙げられます。
グローバル化や少子高齢化などの社会の劇的な変化により、求められる課題を発見し解決する能力や想定外の問題に遭遇したときに適切な判断を下す力を養成するため、これまでの教員による一方的な学習ではなく、自ら能動的に学ぶ「アクティブ・ラーニング」が必要とされています。

学生参加型・対話型授業

演習授業

現場実習

ボランティア・プロジェクト

海外短期研修・交換留学

充実の支援体制

東京福祉大学の学生参加型・対話型授業

東京福祉大学の授業は、学生が自ら学ぶことを重視し、教員が一方的に講義するのではなく、教員と学生の対話、学生同士の話し合い、教室内や教室以外での調査や実験、グループでの発表などを通して学びます。

POINT 1

学生参加型・対話型授業

学生参加型・対話型授業

学生全員によるグループディスカッションを積極的に取り入れています。 小グループでの話し合い、隣の学生との意見交換など、スタイルはさまざま。いろいろな意見に触れて視野を広げ、柔軟な思考力を伸ばします。

POINT 2

発表の機会がたくさんあります

発表の機会がたくさんあります

授業の中で、立って音読をしたり、課題レポートやディスカッションの内容を発表したり、さまざまな場面で意見を求められます。教員は学生の意見を尊重するので、自信につながり、学習に意欲が持てます。

POINT 3

レポートを書く機会が豊富です

レポートを書く機会が豊富です

教科書やディスカッションをもとに、課題の内容をまとめ、レポートを作成する機会が豊富にあります。ただ授業を聞いているよりも授業の内容が確実に身につきます。文書の書き方は、「文章表現」の授業などを通して教員が丁寧に指導します。

参加型・対話型授業で
身につくこと

課題の中の問題を発見し、解決する能力が高まります

話し合いの授業で友人関係が広がります

能動的に授業に参加するので、確実に学習が身につきます

話し合いや発表を繰り返すことでコミュニケーション能力が高まります

発表やレポート提出により、表現能力・文章能力が高まります

資料請求・イベント申込み
PAGE TOP