東京福祉大学の特長

東京福祉大学のキャリアサポート

東京福祉大学のキャリアサポート

苦手でも、自信がなくても、必ず全員合格させる

勉強に対して苦手意識がある」「自分なりの勉強法がいまだに確立できていない」「試験と聞くだけで憂鬱な気持ちすらしてくる」 ―――東京福祉大学では、入学当時はこのように自分の学力や学習スタイルに自信が持てなかった学生が、毎年多数、公務員試験や教員採用試験、社会福祉士や精神保健福祉士などの難関資格試験に合格するようにします。高い合格率の理由は、資格試験対策の指導方法にあります。勉強が決して得意とは言えない学生であっても、秘めている可能性を引き出し、試験の合格ラインまで引き上げることは充分可能です。

本学ではまず、自身の夢を描き、向き合い、そのために達成するべき目標を見据えるところからサポートします。そして、他校にはない独自の授業方法により、「できない」「自信がない」と思っていた学生が、生き生きと、自ら進んで勉強し、夢に向かって進んでいることを実感しながら目標へ導き、合格できるように指導を行います。結果、多くの学生が卒業時には優秀な学生となり、資格を手に取って希望通りの就職を果たしています。

卒業生の就職実績

就職、教員・公務員採用、国家試験合格に毎年高い実績!!

“東京福祉大学の就職率

東京福祉大学のキャリア開発授業

“東京福祉大学の就職率

“キャリア開発授業”とは

キャリア開発とは、個人に対して、キャリアを作るために組織がさまざまな点から支援することを指します。東京福祉大学では、学生の「こんな社会人になりたい」という思いを聞き、それを叶えるための道筋を一緒に考えて必要な資格や勉強を絞り、サポートする教育を行っています。単にアドバイスをするだけでなく、独自の学習メソッドを活用して個々人の能力を最大限に引き上げ、「なりたい」から「なれた!」まで確実に導きます。

POINT 1

キャリア開発授業はカリキュラム内

キャリア開発授業はカリキュラム内

あれをしたいけど、こうなりたいけど、そのためにはどうすればいいの・・?一番初めのこの段階で誤った選択をしないよう、本学では「あなたの夢の実現のためには何をするべきか」を一緒に模索するところからカリキュラムに組み込んでいます。もちろん、余分な費用はかかりません。

POINT 2

過去問題を分析し、苦手とする科目を重点的に指導

過去問題を分析し、苦手とする科目を重点的に指導

本学独自の指導法は、教員全員が理解し、実施できるようにしています。確実に希望の資格試験に合格してもらうためのそのメソッドですので、カリキュラム内で行われる試験対策の成果をみる確認テストでは多くの学生が満点を取れるようになっていきます。その結果、自信を得て生き生きと学びを続け、本試験に臨めるようになり、合格を手に入れることができます。

POINT 3

教員研修を定期的に行い、授業方法を徹底

教員研修を定期的に行い、授業方法を徹底

学生が安心・信頼の元に授業を受けるには、教員の質の維持・向上は欠かせません。本学は、高い合格率を出す授業方法の実施を徹底しています。そのため、教員に対して定期的に授業見学をして、研修会を行い、教員個々人による指導の質に差が生じないよう工夫しています。

資料請求・イベント申込み
PAGE TOP