国際交流・留学生支援 国際交流・留学生支援

東京福祉大学の特長

国際交流・留学生支援

国際交流・留学生支援

グローバル人材の育成をめざし、国際交流を推進しています。

東京福祉大学は、異文化を受け入れ、学ぼうという意思を持つ「国際人」を育てるため、国際交流センターを中心に海外研修や留学生受け入れを積極的に実施し、グローバル人材の養成による国際的な社会貢献をめざしています。

国際交流センターの設置

テレビ・ラジオでもおなじみの遠藤誉特任教授がセンター長

国際交流センター長 遠藤誉

国際交流センター長(特任教授)
理学博士
遠藤 誉
筑波大学名誉教授

 東京福祉大学では、グローバル戦略に基づいた有能な人材の養成を目的に、あのハーバード大学で寮生活が体験できるアメリカ夏期短期研修を始めとした各国での短期留学を開催しております。本学の在学生は在学期間中に国際感覚を身につけることができ、国際人として活躍できるよう、国際交流センターが中心となって積極的に国際交流を推進しております。

 また、本学は高齢者福祉や幼児教育等、世界的にニーズの高い分野に重点を置いて発展してきた文系総合大学です。世界的に年齢分布が高齢化に向かって進んでいる現在、本学の開学当初からの介護福祉分野におけるグローバルな人材養成という理念は世界のニーズとなりつつあります。その意味で本学が特化する分野は日本の国策とも一致しているということができましょう。

 国際舞台で羽ばたきたい若者の輝かしい未来を応援します。

国際交流センターの主な活動

資料請求・イベント申込み
PAGE TOP