入試情報 入試情報

入試情報

大学学部昼間部 学費・奨学金制度

受験生・在学生への充実した経済的支援制度を実施

東京福祉大学は、本学を希望するみなさんおよび本学で学ぶみなさんが安心して受験・学習ができるよう、 経済的支援制度を数多く設け、なるべく多くの志あるみなさんを受け入れ、夢が実現できるようサポートしています。 本ページでは、大学学部昼間部の学費・奨学金情報、修学資金・教育ローン、選考料、併願制度などについてご紹介いたします。

本学受験の際には選考料が必要です。以下の費用を出願前に所定の講座にお振り込みいただくことで受験が可能になります。

総合型選抜・学校推薦型選抜・Special奨学生選抜

入学選考料 : 30,000円
※2020年12月までに実施の入試は一度の選考料の納入で何度でも受験が可能です。

一般選抜

選抜方法 選考料
一般選抜1期2科目型 2/5・6・7のいずれか1日 30,000円
2/5・6・7のうち2日以上 60,000円
一般選抜(2期・3期)
[2科目型・1科目型]
30,000円
一般選抜[共通テスト利用型] 15,000円
・納入された入学選考料は原則変換しません。
・本学の窓口では一切受け付けません。
・ATMで振込をする場合、領収書の原本を入学志願書に同封してください。

特別選抜・編入学

入学選考料 : 30,000円

初年度納付金(大学学部1年次入学)

納付時期
納付金内訳
入学
手続時
秋学期
開始前
本学
初年度
納付金
合計
入学金 200,000円 - 200,000円
授業料 402,500円 402,500円 805,000円
施設設備費 160,000円 160,000円 320,000円
小計 762,500円 562,500円 1,325,000円
諸経費 卒業諸経費 15,000円 - 15,000円

*学友会費
(入会金および
年会費1年分)

10,000円 - 10,000円
*学生総合保障に
関する保険料
(4ヶ年分)
39,200円 - 39,200円
*施設賠償保険料(4ヶ年分) 800円 - 800円
赤城山宿泊研修
費用
- 14,000円 14,000円
小計 65,000円 14,000円 79,000円
*同窓会費(入会希望者のみ) 40,000円 - 40,000円
合計 867,500円 576,500円 1,444,000円
※この金額は2020年3月31日現在のもので、変更となる場合があります。
※*印は、入学手続き時に委託徴収を行うものです。これら委託徴収は予定金額であり、改定される場合があります。
※各資格・教員免許等を取得するために必要な諸経費(実習費・資格申請料)は別途該当年次・学期に納入していただきます。詳細は下記のリンクよりご確認ください。
2年次以降の納入金(PDF)
※東京福祉大学同窓会は、会員相互の親睦とその向上を図るとともに、母校の発展および学術の発展に尽くすことを目的として各種講演会等の開催とその向上を図るとともに、母校の発展及び学術の発展に尽くすことを目的として各種講演会等の開催、奨学金の給付、その他、回の目的を達成するために必要な事業等を行っております。任意徴収となっておりますが、今後も皆様にとってさらに有益な活動を行って参りたいと考えておりますので、ぜひご入会いただき、会員相互の情報交換・連携、最新の学術情報の提供等、同窓会のネットワークを通してぜひご活用ください。

総計150名以上に奨学金を支給。人材育成のための経済的支援に力を入れています。

東京福祉大学は、経済的状況から進学をあきらめてしまう優秀な学生に対して積極的に経済的支援を行っています。独自の奨学金は総計150名以上に支給。夢の実現をサポートしています。

Special奨学生制度
【最大30名(予定・大学のみ)】

4年間で約500万円を免除!!

「Special奨学生制度」は、将来社会で活躍できる優秀な人材の養成を目指し、所定の入試において上位合格の学生に経済的支援をおこなう制度です。Special奨学生となった方には、4年間の授業料・施設設備費を全額免除!
海外短期研修・留学の参加費を半額免除となりますので、ぜひチャレンジしてください。

奨学金内容

4年間の授業料・施設設備費を全額免除
(112万5000円×4年間=450万円)

本学実施のすべての海外短期研修・留学の参加費半額を免除(参加希望者)
※進級の際、成績などの審査があります。

Special奨学生継続条件

奨学金内容

対象

Special奨学生選抜1期・2期の上位合格者

申込方法

Special奨学生選抜に出願してください。上位合格者のうち、特に優秀と認められた方がSpecial奨学生に採用されます。

奨学金内容

同窓生・在学生・教職員紹介新入生対象奨学金制度

紹介により入学金相当額(学部昼間部:20万円、短大昼間部15万円)を支給!!

本学の建学の精神、教育理念をよく理解し、本学の教育において社会に役立つ能力を見つけられる可能性のある学生の勉学の機会を与え、支援する目的で、本学の同窓生(同窓会加入者)、在学生(同窓会加入者)、教職員による紹介で入学された方に入学金相当額(大学学部昼間部20万円、短期大学部昼間部15万円)を支給します。

申請条件

(1)入学希望者と紹介者(東京福祉大学グループ同窓生、在学生、教職員)の関係が家族、親戚、または親しい間柄であること
(2)入学手続き時に同窓会費を納入し、本学同窓会員となる方

※この制度は合格を優遇する制度ではありません。詳細は下記をご確認ください。

「同窓生・在学生・教職員紹介新入生対象奨学金制度」の詳細はこちら

学内奨学金制度

2019年実績(大学・短大):全額3名、半額36名 ※短大・大学院含む

学業・人物ともに優秀と認められた場合、またはその他特別な事情があると認められる場合に支給される奨学金です。2年次以降、申込者を選考し、該当年次の授業料の全額または半額を免除します。

同窓会奨学金制度

2019年実績(大学・短大):全額2名、半額5名

学業・人物ともに優秀と認められた場合、またはその他特別な事情があると認められる場合に東京福祉大学同窓会より支給される奨学金です。2年次以降、申込者を選考し、該当年次の授業料の全額または半額を免除します。

東日本大震災被災者特別支援措置

2019年実績(大学・短大):全額2名、半額5名

東京福祉大学では、東日本大震災により被災された受験生を対象に令和2年度の特別措置を実施いたします。2年次以降、申込者を選考し、対象となる方は、出願前に伊勢崎キャンパス入学課(TEL0270-20-3673)までご連絡ください。

高等教育の修学支援新制度

東京福祉大学は『高等教育の修学支援新制度』の確認大学(2020年4月現在)です。

種類 返還 採用基準 支援額(上限額/年)※入学金は1回限り 備考
給付型奨学金 不要
(支給)

・世帯収入や資産の要件を満たしていること

・進学先で学ぶ意欲がある学生であること

〈私立大学〉
約91万円/年
〈私立短大〉
約91万円/年
世帯の収入状況等により、3区分に分かれ、上限が異なる
授業料等減免 〈私立大学〉
・授業料…70万円/年
・入学金…26万円
〈私立短大〉
・授業料…62万円/年
・入学金…25万円

※申し込み方法…高校3年生は、高校等を通じて日本学生支援機構(JASSO)へ申し込んでください。
        その他の方は、入学後本学奨学金担当者より申請の説明がございます。

注意:高校3年生で、『高等教育の修学支援新制度』の申請者または採用者で、本学に入学手続きを行う際は、授業料等減免制度に伴う説明がございますので、必ずご連絡ください。
入学手続きに関する問い合わせ先:伊勢崎キャンパス入学課 ℡:0270-20-3673

貸与型

種類 返還 採用基準 金額
第一種 無利子

特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な方

〈自宅通学者〉
2~5.4万円/月

〈自宅外通学者〉
2~6.4万円/月

第二種 年3%を上限とする変動金利
(在学中は無利子)
第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された方 2~12万円/月
※ 1万円刻み

※ 申請時期等の詳細は、日本学生支援機構(HP: https://www.jasso.go.jp/index.html)、文部科学省(HP: https://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm)をご確認ください。

1.修学資金(貸付・無利子)

詳細は各団体にお問い合わせください。

種類 詳細
社会福祉協議会保育士
修学資金貸付制度

各都道府県や指定都市の社会福祉協議会では、保育士養成施設(通信制を除く)に通う学生に対し、修学資金の貸付を行っていることがあります。
貸付、返還条件等、詳細は、各自治体の社会福祉協議会へお問い合わせください。
群馬県貸付例:修学資金5万円以内/月
その他、入学準備金20万円、就職準備金20万円等

介護福祉士修学
資金貸金制度
社会福祉学科社会福祉専攻介護福祉コースの学生に対しては、群馬県などの地方自治体による修学資金制度が用意されています。貸付制度は各自治体により異なりますが、月額50,000円、入学準備金200,000円、就職準備金200,000円以内が貸与されます。これらの修学資金は、卒業後その地区に所在する施設で、介護福祉士として5年間業務に従事すれば、返還が免除されます。
母子・父子寡婦福祉資金
貸付金
各都道府県に在住の母子・父子家庭を対象とし、子どもが大学・短大等に修学の際、または在学中に必要な資金の貸付を行っています。
生活福祉資金
貸付制度
各都道府県の社会福祉協議会では、都道府県内在住の、収入が基準以下である世帯を対象とした修学資金として、大学・短大等進学に必要な修学費及び支度費の貸付を行っています。伊勢崎キャンパスのある群馬県の場合、貸付限度額は支度費が500,000円以内、修学費で月額65,000円以内です。詳しくは各都道府県の社会福祉協議会にお問い合わせください。

2.教育ローン

本学では、金融機関の教育ローンを紹介しています。ローンの対象は、入学金・授業料・施設設備費などの学校納付金、毎月の仕送り資金等全般、ご入学に伴う諸費用などです。ローンのご利用に際しましては、金融機関所定の審査があります。ローンによっては、在学期間中は利息のみのお支払いで、元金の返済を据え置く制度もあります。

1.日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫):「国の教育ローン」

入学金・授業料などの学校納付金、教科書代、アパート・マンションの敷金・家賃など、進学に際し必要な資金として幅広く利用できます。ご利用になられる方は、大学に入学される方及び在学される方の保護者で、融資対象は以下のとおりです。

融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、次の1または2の方

1.世帯の年間収入(所得)が次表の金額以内の方

子どもの人数(注) 給与所得者(事業所得者)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
4人 1,090万円(860万円)
5人 1,190万円(960万円)
(注)1 「子どもの人数」とは、お申込いただく方が扶養しているお子様の人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
(注)2 「6人以上」の場合は、教育ローンコールセンター(下記)までお問い合わせください。

2.世帯の年間収入(所得)が990万円(770万円)以内であって、次の特例要件のいずれかに該当する方

【特例要件】
(1)勤続(営業)年数が3年未満
(2)居住年数が1年未満
(3)返済負担率(借入金年間返済額/年間収入(所得))が30%超
(4)借入申込人またはその配偶者が単身赴任
(5)ご親族などに要介護(要支援)認定を受け入れている方があり、その介護に関する費用を負担
(6)ご親族に高額療養費制度または難病患者等に対する医療費の公的助成制度を利用している方がおり、その療養に関する費用を負担

※世帯の年間収入(所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。
※今年の世帯の年間収入(所得)が上記の金額以内となる見込のある方は、ご利用いただける場合があります。
※ご親族などでもご利用いただける場合があります。
※独立行政法人日本学生支援機構の奨学金と重複して利用いただけます。

【ご融資額】学生・生徒お1人につき300万円以内
【利率】年2.65%(平成24年5月10日現在)

※母子家庭の方の利率は年2.25%(平成24年9月10日現在)

【ご返済期間】15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方については18年以内)
【ご返済方法】毎月元利均等返済(ボーナス時増額返済も可能です)

詳しくは
「国の教育ローン」コールセンター 0570-008656(ナビダイヤル)
または03-5321-8656までお問い合わせください。

日本政策金融公庫ホームページ 国の教育ローンのページ


2.オリコ

3.群馬銀行

4.JACCS

ジャックスコンシューマーデスク TEL:0120-338-817
資料請求・イベント申込み
PAGE TOP