留学生募集

外国人留学生のさまざまなニーズに対応できる教育体制で多くの留学生が在籍研究活動

東京福祉大学では、国際的な社会貢献をめざし、留学生を積極的に受け入れています。日本語能力の養成、学部での学び、大学院での研究など、留学生のさまざまなニーズに対応できる教育体制を構築。留学支援室を設置し、専門の職員が留学生の学習や生活を親身にサポートしています。また各キャンパスでは、留学生のために通学に便利な場所に住居を用意しております。来日当日から入居が可能で、寝具・冷蔵庫・電子レンジ・ガスコンロなどの家財も大学負担で完備しておりますので、安心して留学生活をスタートできます。 さらに、現在も多くの大学と国際交流協定の締結をすすめています。

  • 国際交流協定のある海外教育機関
  • 日本語を学びたい方へ

    東京福祉大学 留学生日本語別科(4月入学・10月入学) 

    東京福祉大学 留学生日本語別科では、東京福祉大学への進学を前提に日本語能力を養い、大学進学後の学習に必要な文章力・読解力を習得し、さらに日本の産業・文化への幅広い理解と教養を身につけることを目的としています。

  • 東京福祉大学 留学生日本語別科(4月入学・10月入学)募集詳細ページへ

  • 東京福祉大学 留学生渡日前選考2018年4月・10月入学生募集要項[PDF]

  • 東京福祉大学 留学生国内受験用2018年4月・10月入学生募集要項[PDF]

  • 東京福祉大学 留学生日本語別科出願書類書式(渡日前)[PDF]

  • 日本語
  • 中国語
  • 英語圏

  • 東京福祉大学 留学生日本語別科出願書類書式(国内用)[PDF]

  • 日本語
  • 中国語
  • 英語圏


  • 教育・心理・福祉・保育を学んで大学を卒業したい方へ 

    東京福祉大学 学部留学生入試(4月入学) 

    東京福祉大学では、外国人留学生で、教育学部(日本語教育コースあり)、心理学部、社会福祉学部(経営福祉・社会福祉・精神保健・保育児童)に入学したい方を対象に、留学生対象の入試を実施しています。入試は全て日本語で行われます。規定を満たした方は3年次編入学も可能です。

  • 留学生AO入試・特別選抜入試・編入学入試詳細ページへ

  • 各学部の紹介

  • 教育学部

  • 心理学部

  • 社会福祉学部

  • 保育児童学部*
  • *2018年4月より社会福祉学部保育児童学科を変更予定(計画中)

    併修校サイト(外部サイト)

  • 保育・介護・ビジネス名古屋専門学校(本学第一種併修校)のサイトはこちら

  • 東京福祉保育専門学校(本学第一種併修校)のサイトはこちら


  • 東京福祉大学外国人大学学部研究生 (4月入学生・10月入学生)

    東京福祉大学の学部研究生制度は、本学で教育学、社会福祉学(経営福祉含む)、保育児童学、心理学の専門分野の勉学と、それに必要な日本語・日本文化などの学修を希望する者を研究生として受け入れる制度(学部正規課程に入学するための準備課程[聴講生のようなもの])です。 たとえば、心理学を勉強したい場合、大学学部研究生なら、日本語能力が不十分な場合も指導体制を整えていますので、日本語力を高めながら心理学の基礎を学べます。
    ●3年制の短大・大専を卒業した方へ
    1年間学部研究生で学んだ後、本学の大学院入学個別審査を経て、本学大学院の受験が可能です。


  • 大学学部研究生入試詳細ページへ

  • 東京福祉大学 留学生国内受験用2018年4月・10月入学生募集要項[PDF]

  • 東京福祉大学 留学生渡日前選考2018年4月・10月入学生募集要項[PDF]


  • 東京福祉大学 外国人大学学部研究生出願書類書式(国内前)[PDF]

  • 日本語
  • 中国語
  • 英語圏

  • 東京福祉大学 外国人大学学部研究生出願書類書式(海外用)[PDF]

  • 日本語
  • 中国語
  • 英語圏
  • 大学院で社会福祉学・心理学・教育学を研究をしたい方 

    東京福祉大学 大学院外国人研究生(4月入学・10月入学) 

    東京福祉大学大学院の研究生制度は、本学で教育学(日本語教育含む)、社会福祉学(経営福祉含む)、臨床心理学、児童学の専門分野の研究と、研究に必要な日本語・日本文化などの学習を希望する者を研究生として受け入れる制度で、研究生修了後本学の大学院正規課程への進学を前提としています。

    研究生から直接大学院修士課程(東京福祉大学)に進学。
    福祉・心理・教育を学び、修士課程修了をめざす





    東京福祉大学では、福祉・心理・児童学・教育学(日本語教育含む)について研究したい外国人留学生を対象に、大学院修士課程への進学をバックアップします。大学院研究生として、福祉(経営福祉含む)や心理・児童学、教育学についての基礎的な科目や日本語について総合的に学習し、その後大学院修士課程に進学(選抜試験有※学内推薦を受けた場合の優遇措置有)。2年間で修士課程を修了し、修士の学位が取得できます。


    東京福祉大学大学院に研究生として入学

    ・期間:6か月~2年間
    ・各分野の基礎科目、日本語を学ぶ

    東京福祉大学大学院修士課程に進学

    ・期間:2年間
    ・福祉・心理の専門分野を深く研究

  • 大学院外国人研究生詳細ページへ

  • 東京福祉大学 留学生国内受験用2018年4月・10月入学生募集要項[PDF]

  • 東京福祉大学 留学生渡日前選考2018年4月・10月入学生募集要項[PDF]


  • 東京福祉大学 外国人大学院研究生出願書類書式(国内用)[PDF]

  • 日本語
  • 中国語
  • 英語圏

  • 東京福祉大学 外国人大学院研究生出願書類書式(海外用)[PDF]

  • 日本語
  • 中国語
  • 英語圏


  • 東京福祉大学大学院修士課程・博士課程(4月入学)

    東京福祉大学大学院では、修士の学位取得のための留学生も歓迎いたします。日本の大学を卒業した方や、外国において16年の課程を修了された方などが入学可能です。 上記のとおり研究生として社会福祉学部に入学し、各分野の基礎科目や日本語能力を身につけた後入学することも可能ですし、すでに日本の大学を卒業されるなど高い日本語能力をお持ちの方は修士課程を直接受験することも可能です。


  • 大学院留学生入試詳細ページへ

  • 東京福祉大学 大学院研究科・専攻内容

  • 社会福祉学研究科
  • 心理学研究科
  • 教育学研究科

  • 留学生のための制度