大学学部・学科

ACADEMIC

社会福祉学部社会福祉学科 社会福祉専攻介護福祉コース

伊勢崎

豊富な実習と演習授業で確実な知識と技術を習得。介護福祉士と社会福祉士のダブル合格をめざす

介護福祉士として必要な知識・技術を豊富に設定されている演習授業と実習で習得し、福祉現場での即戦力となる人材を養成します。さらに社会福祉士の受験資格も取得可能で、広く社会福祉に貢献できる人材を養成します。

介護福祉士と社会福祉士のダブル合格をめざす

介護福祉に関する知識や介護技術に加え、ソーシャルワークも同時に学べるカリキュラムとなっており、介護福祉士と社会福祉士国家試験受験資格の同時取得が可能です。また、キャリアサポート授業が充実しており、ダブル合格に向けた体制が整っています。

充実した施設で介護技術を身につける

介護福祉コースが設置されている伊勢崎キャンパスでは、4号館介護・保育実習棟に介護福祉の技術習得のための施設を設置しています。「介護される方」の心理に合った介護ができるよう、学生はペアを組んでお互いに介護を実践し合うことで高い技術が身につきます。

学べる内容

  • 充実した施設を使用した演習授業で確実に介護技術を身につけます。
  • 介護計画の立案や介護サービスの提供・マネジメントなどの移設運営・管理についても学びます。
  • 福祉の援助技術・心理学の基礎など、社会福祉士受験資格取得のための学修も可能です。

カリキュラムの概要

1年次

総合教育科目で教養を身につけると同時に介護の最も基本となるコミュニケーション・身体関係の築き方について学びます。

[科目例]社会福祉入門 心理学概論 社会学概論 社会福祉Ⅰ・Ⅱ コミュニケーション論 社会保障制度Ⅰ 介護概論 高齢者介護論Ⅰ コミュニケーション技術Ⅰ など

2年次

ベッドメイキングや移動方法、食事・入浴介助などの基本的な介護技術を演習授業を中心に学び、身につけます。

[科目例]発達と老化の理解Ⅰ・Ⅱ 認知症の理解 障害の理解 身体構造と機能Ⅰ・Ⅱ 高齢者介護論Ⅱ 生活支援技術・基本Ⅱ 介護過程Ⅰ 介護実習Ⅰ など

3年次

2年次までの基礎知識・技術うぃもとに、介護計画の立案など、適切な介護サービスを提供できる力を養成します。

[科目例]介護リハビリテーション論 介護家政・環境論 生活支援技術・余暇 生活支援技術・家政 介護過程Ⅱ・Ⅲ 介護総合演習Ⅲ・Ⅳ 介護実習Ⅱ・Ⅲ など

4年次

知識を踏まえ、介護の技術を実践的なものへ仕上げると同時に、福祉サービスのマネジメントを学び、運営・管理能力も併せて養います。

[科目例]介護福祉士養成演習Ⅱ 社会福祉士養成演習Ⅱ 介護総合演習Ⅴ 医療的ケア実践論・演習 社会福祉運営管理論 ほか 

介護実習

2年次春期の「介護総合演習Ⅰ」のなかで実習オリエンテーションが行われ、「介護実習の手引き」は配付されます。その後、三段階の実習で実践的な介護技術を学びます。 

介護実習Ⅰ(2年次春期)

12日間の社会福祉施設での集中実習です。

 

介護実習Ⅱ(3年次春期)

20日間の社会福祉施設での集中実習です。

介護実習Ⅲ(3年次秋期)

25日間の社会福祉施設での集中実習です。

ソーシャルワーク実習(社会福祉士希望者)

社会福祉士希望者は「ソーシャルワーク実習」の履修が必要です。

ソーシャルワーク実習(4年次春期)

福祉施設や病院で24日間の集中実習を行います。

 

東京福祉大学の学部・学科