学科・授業紹介

短期大学部の授業って?

保育力がぐんぐん育つ楽しい授業

東京福祉大学ではグループディスカッションや発表など、学生が授業に積極的に参加する“アクティブラーニング”を、大学開学当初から実践しています。短期大学部の授業でも、先生やクラスメイトとひとつのテーマについて楽しく話し合うのが基本。自分からどんどん授業に参加できるので、理解が自然と深まります。

ポイント

学生参加型・対話型の授業で
柔軟な思考力を伸ばす

グループディスカッションを積極的に取り入れています。小グループでの話し合い、隣の学生との意見交換など、スタイルはさまざま。いろいろな意見にふれて視野をひろげ、柔軟な思考力を伸ばします。

意見もどんどん発表!
コミュニケーション能力を育てる

授業では、立って教科書を音読したり、課題レポートやディスカッションの内容を発表したり、さまざまな場面で意見を求められたりします。教員は学生の意見を必ず尊重するので、それが自信につながり、コミュニケーション能力を育てます。

レポートでがんばる!
頑張った分だけ自分の力に

教科書や授業で学んだことを参考に課題の内容をまとめるので、授業の内容が確実に身につきます。レポートの内容は教員がきめ細かく丁寧に指導。がんばった分だけ自分の力になります。

授業が実践的!
現場ですぐ役立つ力を身につける

実践的な科目を多く配置。学生が実際に体験しながら学ぶことで、保育の現場ですぐに役立つ力を確実に身につけます。在学中には、絵本や紙芝居、人形劇や創作ダンスまで、すべて自分たちのオリジナル作品を作ります。

幼児の造形表現などを学ぶ図画工作

絵本もすべて手づくり。アイディア満載の絵本賞をもらう学生もいます

離乳食・ミルクのあげ方、おむつの替え方など、乳児について全般的にに学習します。

人形劇やエプロンシアター・・・
自分だけのオリジナル作品ができます。

短期大学部こども学科ならではの
少人数ゼミ授業

短期大学部では、学生たちが学年の枠を超えて先生の研究室に集まり、興味のあるテーマについて少人数で勉強する「ゼミ」が行われています。

実践力を身につけるカリキュラム

保育力養成系科目

手遊びや絵本の読み聞かせ、ミルクのあげ方やオムツの取り替え方など、保育者に必要な実践的な力を養います。

こども理解・子育て支援系科目

こどもの実態や成長過程にあった保育内容を理解するための知識の他に、子育てに悩む保護者の相談に乗れる力を養います。

造形表現系科目

紙や粘土、お菓子の空き箱などの身近な素材、絵の具などによる表現活動を通して、こどもたちの学びや発達について理解を深めながら造形活動の実践力を養います。

幼児体育系科目

運動遊びやリズム体操、創作ダンスなどの幼児の体を使った表現やあそびの指導方法などを学びます。

音楽系科目

保育士や幼稚園教諭に必要不可欠なのがピアノの技術。毎日の歌の時間やお遊戯など、音楽を必要とする場面で先生が楽しく伴奏してくれるのは、こどもたちにとってとてもうれしいものです。短期大学部では、ここのレベル似合わせて丁寧に指導しますので、段階的に技術を向上させることができ、今まで一度もピアノを弾いたことがない人でも、基礎からしっかり実力がつきます。