学科・授業紹介

実習では何をするの?

実践を通じて力をつける

東京福祉大学では、大学学部も短期大学部も実習を重視したカリキュラム編成となっています。
保育実習では、授業を通して習得した科目全体の知識、技能を総合的に実践できます。
こどもたちとふれあったり先生の動き方を身をもって学んだりと、さまざまな場面に保育者として成長できる体験があります。

授業の流れ

事前指導 → 本実習 → 演習 事後指導

保育士実習

保育実習指導(授業)

実習先での心構えや実習記録の取り方、マナーなど指導。実習後には学生たちそれぞれが経験した壁や問題点について、ディスカッションを繰り返しながら解決方法を導き出します。また、自分自身の課題を明確にし、今後の学習目標を立てます。

保育実習Ⅰ(保育所実習12日間+施設実習12日間)

保育所実習では、保育所でこどもたちの生活に加わり、乳幼児への理解を深めます。また、保育所と保育士の役割を理解します。
施設実習では、児童福祉施設や障害者支援施設における生活に加わり、こどもや利用者への理解を深めます。施設の役割。保育士の職務について学びます。

保育実習Ⅱ(保育所実習12日間)・保育実習Ⅲ(施設実習12日間)

保育実習Ⅲ(施設実習12日間)

保育実習Ⅱか保育実習Ⅲのどちらかを選択します。保育実習Ⅰの次の段階として、保育所や施設における活動を通して、保育士として必要な

幼稚園教諭教育実習

幼稚園教育実習指導(授業)

実習に必要な心構えや実習記録のとり方を指導。模擬保育を行い、実習で成果を最大限に得られるようしっかり準備します。

幼稚園教育実習指導(授業)

保育所実習では、保育所でこどもたちの生活に加わり、乳幼児への理解を深めます。また、保育所と保育士の役割を理解します。
施設実習では、児童福祉施設や障害者支援施設における生活に加わり、こどもや利用者への理解を深めます。施設の役割。保育士の職務について学びます。

保育実習Ⅲ(施設実習12日間)

保育実習Ⅱか保育実習Ⅲのどちらかを選択します。保育実習Ⅰの次の段階として、保育所や施設における活動を通して、保育士として必要な

保育実習Ⅲ(施設実習12日間)

保育実習Ⅱか保育実習Ⅲのどちらかを選択します。保育実習Ⅰの次の段階として、保育所や施設における活動を通して、保育士として必要な

《 実習をしっかりサポート!福祉専門職支援室・教職課程支援室 》

福祉専門職支援室にはこども関係のボランティア募集の掲示も いっぱい。実践力を身につける機会がたくさんあります。

保育所実習では、保育所でこどもたちの生活に加わり、乳幼児への理解を深めます。また、保育所と保育士の役割を理解します。
施設実習では、児童福祉施設や障害者支援施設における生活に加わり、こどもや利用者への理解を深めます。施設の役割。保育士の職務について学びます。