大学院

GRADUATESCHOOL

心理学研究科

「こころ」の悩みを持つ方に適切な心理的援助ができる実践力の高い臨床心理の専門家を養成

 大学院での学修は、科目履修を経て、修士論文の作成を中心に展開されます。特に、本学の場合、現実的課題の解決に即した研究を基本としているため、文献調査に終始した研究論文や、自分や他人の意見などを羅列した研究論文では、到底修士号の学位取得には到達しません。
 そこで本学は実証研究を基本に修士論文の作成をすすめていきます。

人がよりその人らしく生きていけるよう力を尽くしたい方へ

 臨床心理士の仕事は、「こころ」の問題で悩んでいる人々に対して臨床心理学にもとづく理論や技術を用いて、心理的援助を行うところのものです。その人の「こころ」を理解しながら、価値観を尊重しつつ、その人に合った支援を行うことが求められます。仕事は簡単ではありませんが、人に関わり、人がその人らしく生きていけるように自己実現の手伝いをしたいと考えている人には、ぜひ本研究科で学んでいただきたいと思います。

学内外で院生一人ひとりの希望に合わせた親身な指導を行っています

 本研究科の博士課程前期では、臨床心理士資格認定協会第1種指定校のカリキュラムを整えて臨床心理士資格取得を目指している院生の支援をすると同時に、心理的支援とケアの現場で専門的な知識と技術を活用できる実践家を養成しています。授業はすべて少人数の双方向性対話型で行われ、コミュニケーション力の育成が図られ、修了生は身につけた対人関係スキルと態度を発揮して、学校や病院、企業のメンタルヘルス部門、官公庁の心理部門などで活躍しています。
 本研究科は、院生一人ひとりに対応した指導を重視しています。院生が臨床実習の一環として学内にある附属臨床心理相談室でケースを担当する際には、一対一できめ細かな指導を行います。また、院生は学内だけでなく、学外の病院や施設などでも実習を行い、各自の目的や特性に応じた実習指導を継続して受けることができます。本研究科には臨床心理士資格を持つ教員や指導員が多数在籍していますので、院生はそれぞれ、自分自身の個性を生かし、身につけるべき専門性を高めることができます。

臨床心理学専攻博士課程前期に公認心理師コースを開設

2019年度より、臨床心理学専攻博士課程前期に公認心理師コースを開設。臨床心理コースとの2コース編成になります。


2019年度より、従来のカリキュラム(臨床心理コース)に加え、公認心理師受験資格取得のためのコースを設置。
※公認心理師受験資格取得のためには、大学学部で所定のカリキュラムを履修している必要があります。
※出願にあたっては、以下の出願希望コース記入用紙をダウンロードし、出力の上必要事項を記入して出願書類に同封してください。

出願希望コース記入用紙(PDF)

臨床心理士試験合格実績

臨床心理士試験合格率84.6%

平成27年度臨床心理学専攻博士課程前期修了者13名のうち平成28年度臨床心理士資格認定試験で11名が合格しました。本学の合格率は84.6%で、全国平均の62.9%を大きく上回りました。

東京福祉大学臨床心理相談室

11名の臨床心理士等で地域の皆様の心理教育相談を受け付けています。
主な活動は以下のとおりです。
(1)一般市民および各種機関を対象とする心理教育相談
(2)臨床心理分野における研究活動
TEL.0270-40-3181 FAX.0270-40-3182

東京福祉大学臨床心理相談室のページへ