研究活動

現代社会の現実的課題の解決を目的として、実践的な研究を推進。
社会の発展に貢献しています。研究活動

東京福祉大学・大学院では「理論と実践の統合」を核として学部教育・大学院教育が行われています。学問とは、現実の社会で起こる様々な問題を発見し、解決することができるような、応用が利くものでなければなりません。東京福祉大学・大学院の教育研究ネットワークは学生の実践的な能力を高めるとともに、その枠を越え、社会の発展にも大きく貢献しています。

東京福祉大学・大学院紀要

東京福祉大学の研究紀要です。下記の「表紙」または「研究論文」をクリックすると、PDFが開きます。

第7巻第2号

  • 表紙
  • 掲載論文

  • 第7巻第1号

  • 表紙
  • 掲載論文

  • 第6巻第2号

  • 表紙
  • 掲載論文

  • 第6巻第1号

  • 表紙
  • 掲載論文

  • 第5巻第2号

  • 表紙
  • 掲載論文

  • 第5巻第1号

  • 表紙
  • 掲載論文


  • 不正防止の取り組み

    東京福祉大学 文部科学省科学研究費採択課題

    ※下記の年度をクリックしていただくと、PDFが開きます。


  • 平成28年度
  • 平成27年度
  • 平成26年度
  • 平成25年度
  • 平成24年度

  • 平成23年度
  • 平成22年度
  • 平成21年度
  • 平成20年度
  • 平成19年度


  • ※科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対して助成が行われております。


    文部科学省科学研究費採択課題紹介

    大学院附属心理相談室と地域スクールカウンセラーの相互援助・協力体制の研究


    本プロジェクトは、地域援助の一方法として、本学大学院付属心理相談室と、小・中学校のスクールカウンセラーとの相互援助・協力体制を探索することを目的として、伊勢崎キャンパスの所在地伊勢崎市との相互協力により開始された研究です。本学大学院付属心理相談室は、現場のスクールカウンセラーに対してコンサルテーションやスーパービジョンなどを提供することが可能です。一方、スクールカウンセラーの所属する小・中学校では、大学院生のための実習先を提供できるほか、アシスタントとしての実習生を得ることもできます。これらの相互支援を中心に、さらにどのような相互援助・協力が可能であり、双方の業務の質的および量的向上にどのように資することができるかを検証しています。

    本プロジェクトは2004年度に参加校7校(中学校3校、小学校4校)でスタートした後、毎年参加校が増えつづけています。当初は、学級担任の授業補助などが中心でしたが、次第に相談室登校の生徒への対応など、単なる補助者ではなく学校の即戦力となっているケースも出てきています。また、障害児への学習援助を行った際には、学校への適応が促進されたことが認められ、新たに個別指導・介助する人員が配置されるケースもありました。これは行政にとって潜在しているニーズを引き出し、そのニーズに応える方法を導き出すきっかけを作ったものといえます。