学科・授業紹介

学生と先生の距離が近い

先生は何でも気軽に相談できる存在です!

学生と先生の距離が近い

東京福祉大学は先生と学生の距離が近い!その理由とは?
保育士を目指そうと思った理由、印象に残っている授業、先生についてなど、リアルな学生生活を安藤哲也先生と学生2人の対談形式でご紹介いたします。

なんで保育士になりたいと思ったの?

安藤講師:2人とも将来は保育士になりたいと思って頑張ってるんだよね? なんで保育士になりたいと思ったのか聞かせてくれる?

安藤講師

佐野さん:私が保育園に通っている時に、ヘリで救出されるほどの水害があったんです。とても怖かったのですが、その時に保育士さんが一生懸命声をかけてくれて私の不安な気持ちを和らげてくれました。その経験が将来保育士になりたいと思ったきっかけです。

齋藤さん:私は、自分が通っていた保育園の保育士さんととても仲が良くて、小さい頃から保育士になりたいなと漠然と思ってました。その保育士さんとは今でも交流があって、一緒に遊んだり相談にのってもらったりしています。

印象に残った授業は?

安藤講師:もうすぐ短大生としての1 年が終わろうとしているけど、憧れの保育士に向かっての勉強はどう? 印象に残ってる授業はある?

佐野さん:保育士になったつもりで、3 歳向け、4 歳向けとか年齢別の遊びを考えるという授業があって、これから始まる実習はもちろん、仕事に就いてからも役に立ちそうだなって思いました。

学生1

齋藤さん:私は、身近な材料でおもちゃを作ったりする授業が好きですね。将来保育現場で生きそうだし、自分でもやってて楽しいし。

学生2

安藤講師:演習系の授業は楽しいよね。理論を学ぶ授業とか、ピアノとかはどうかな?

齋藤さん:理論系の授業もディスカッションが多いので意外と楽しく学んでます。安藤先生の授業もディスカッションが多いから楽しいです。お世辞じゃないですよ!

佐野さん:私もそう思う。私は、ピアノは初心者だから、最初はちょっと大変だったな~。でも、先生が丁寧に教えてくれたので、なんとか頑張れてます。家でも電子ピアノで練習してますよ!

先生もフレンドリーな人が多いから話しかけやすい

安藤講師:2 年間で資格を取るから、勉強やピアノなど、大変だと感じる時もあるよね。でも、2 人とも楽しそうに頑張ってるよね。先生もフレンドリーな人が多いから話しかけやすいでしょ?

安藤講師

齋藤さん:本当にそう思います。いい意味で大学の先生っぽくないというか、親戚のおじさんみたいに接することができる先生もいますし。大学の先生はもっと“かた~い人達”ってイメージだったので。

佐野さん:安藤先生も、先生というか先輩と話すように気軽に話せますよね。持ち上げてませんよ!

安藤講師:いや~、最後にいい気分にさせてもらってありがとうございました。何か悩んだりつらいと感じたりした時はもちろんだけど、嬉しいことがあった時や報告したいことがあった時なんかも気軽に研究室を訪ねてきてね。時には優しく時には厳しく応援するからね。これから実習も始まるし、残り1 年しっかり頑張って自分の夢をつかんでください!今日はありがとうございました。

佐野さん・齋藤さん:ありがとうございました。できれば、なるべく優しく応援おねがいします。(笑)